Today's record

好きなものものを紹介していく

美しいものにふれる人々、にふれること

根津美術館に、かの有名な燕子花を見に行った。 そこに伊年印の四季草花図屏風を眺めていたご夫婦がいらっしゃった。 「このすすきっぽいのがまたお見事」「この花は私の好きな花」「こっちのも綺麗だねえ」と二人で屏風に描かれた様々な花を片っ端から延々…

世の中には、稀にだが、光そのもののような人がいる。 すべてのものを温かい眼差しで見る、心優しい知り合いがいる。私は彼と話すたびに泣きそうになる。 遠い東の異国に住む私達の幸せのために何時間も仏さまに祈り続ける、信仰深いタイ人の知り合いもいる…

夜明け

夜が明ける時間帯が好きだ。 一日のうちで一番好きだ。 高校の頃は日が昇りはじめる頃にやっと眠りにつく生活をしていた私が、ここ1年ほど日の出の1時間前には起床している。 未明の、静まり返った街と美しい空が眺められればそれで良いので、朝6時に就寝す…

数少ない友達

友達が好きだ。 自分で言うのもなんだが、私には友達が少ない。 けれどその少ない友達は誰も皆、私が心から尊敬できるような人であって、友達のことが誇りであり、その友達の隣にいられる自分のことも誇っていたいと思っている。 友達に何度も救われている。…

般若心経

般若心経が好きだ。 ふと思い立ち、先日本棚にあった旧約聖書物語を読んだ。青い鳥文庫の、小学生に向けわかりやすいように書かれたものだ。確か自分が小学生でちょうどアメリカに住んでいた頃、教会に通ったことで多少なりキリスト教に興味を持ったため親に…

最後の瞬間

ものの最後の瞬間が好きだ。 どういうことかというと、例えばジャズピアノの曲。別段ジャズに造詣が深いわけではないので詳しいことはわからないけれど、ジャズピアノの曲って最後に美しいエンディングが入ることが多い。 一番好きなのはビル・エヴァンス・…

言葉にリボンをかけるということ

高校を卒業するにあたって、3年間をふりかえってみた。 思い出してみると色々と忙しかった。 何せ行事の多い学校だったので、常にワイワイガヤガヤしていた記憶がある。目まぐるしい早さで高校生活が終わってしまった。 その中で、今だに鮮烈に覚えている、…

世界一好きな漫画

わたしの中で完全にバイブルと化している漫画。 とりあえず、ブログかなんかを書こうと思ったときにはじめに紹介する漫画はこれと決めていた。この漫画はもう、友達に勧めるのもやめた。もし好きな友達に気に入ってもらえなかったら悲しくなってしまうかもし…