Today's record

好きなものものを紹介していく

すてきなKpopの曲たち

 

 

さて、好きなものを誰かと共有したい!語りたい!と思ったときに、今までわたしはツイッターやらSNSを使ってきたわけですが、あまりにも同じ趣味の人が少ないし、もうちょっと独り言みたいにテキトーに語ってもいいよね〜ってことではじめたはてなブログです(たぶん続かない)

最近はKpopにハマっているのでKpopに関する投稿が多くなるのかなーと思いますが、漫画でも本でも映画でも、好きなものはどんどん語っていきたい、なぜなら語り合える人がいなくてうずうずしているから。全部ここで語ってしまおう。

ではさっそく、すてき!!!って思っているKpopの曲紹介するよ!

一曲でも良さが伝えられたら嬉しいな。

 

 

 

 

① 좋아 (She is)   [종현 ジョンヒョン]

 

youtu.be

 

大好きな曲。SHINeeのジョンヒョンさんのソロ曲。これでKpopにハマった。ちなみにけーぽペン歴はまだ半年。

それまでは全く韓国にも全く興味なく、本当に色んなジャンルの音楽を広く浅く聴くオールジャンルOKなタイプでした。もちろん今でもそうだけど。もともと学校の部活や習い事などで音楽に触れる機会が多かったからかな?音楽そのものが好き。

 

さて、この曲のタイトルの좋아はちょあと発音して、直訳すると『好き』という意。

歌詞のなかに、『나는 그런 게 좋아』という何度か繰り返されるフレーズがあって、これは『僕はそういうのが好き』という意味で、

(好きな女の子の)小さな目、少し濃い眉毛、すねたような唇、僕はそういうのが好き、と歌っていて、あぁ素敵な歌詞だなあと思った。

よくある恋愛系の曲だと、君は美しい、綺麗だ、という歌詞が多用されますよね。そりゃ好きになった相手は美しく見えるんだろうけど、本人にとっては美しく思えないかもしれない。というか謙遜してしまう。

けれど君の顔が好きって言われたら、それはもう言い返せないじゃないですか。

ありがとうと返すしかない。

そういう意味でも、『好き』ってとても優しくて暖かい言葉だと思う。

PVもかわいい。いかにも韓国な感じ。バックダンサーの女の子達も素敵。

 

ステージもまた良い。

 

youtu.be

 

このときのが一番好きかなあ。

キラキラしたジョンヒョンさんのザ・アイドル感がステージ全体をアイドルステージたらしめている。華奢なバックダンサーと観客の歓声、おそらくこの日のトリだったのだろう、番組の最後に流れるテロップ。

それがなんだか、ハッピーエンドの映画のエンドロールを眺めているようで泣きそうになってしまう。爽やかな春の風みたいな曲。カラオケで必ず歌う。

 

 

 

 

② 니가 하면 로맨스(You call it romance)   [케이윌(K.will)]

 

youtu.be

 

というわけで、こちらは先程よりさらに甘めな感じ。

サムネに映っている甘めのイケメンはMONSTA Xのヒョンウォン。さすがカエル王子、動画全体にかかっているピンクっぽいエフェクトが似合いすぎている。

 

何が好きかって、PV。

女の子を取り巻く三角関係のお話なのですが、女の子には彼氏がいて、でもその人とは別に友達として、バレンタインに大きなキャンディーをくれたヒョンウォンと遊びに行く。

けれどヒョンウォンと遊んだあと家に帰ってきてから、家がカラフルになって、冷蔵庫の中の食べ物も、お鍋で作った料理も、全部甘いチョコやキャンディーに変わってしまう。

でも最後には、女の子の見ているテレビの中でヒョンウォンと他の男性がボクシングで闘っていて、ヒョンウォンはパンチをくらって倒れてしまう。女の子の中で、きっとヒョンウォンは彼氏の存在に負けてしまった。部屋中とびはねていていたカラフルなボールたちが消える。それでお話は終わり。

曲はそれで終わりだけど、最後にエピローグ的なものが30秒ほど入る。そこで女の子はPVの冒頭でヒョンウォンもらったキャンディーを、彼が他の女の子たちにも配っているのを見てしまう。彼女らしき人にもキャンディーを渡していて、もともと二人の関係が恋愛関係になることはないだろうとわかっていた上で女の子は遊びに行くんです。つまりエピローグに、時系列的には一番最初のシーンを結末としてはさんでくる。うまい。キャンディーを渡しているところを見てしまって去ろうとする、ちょっとだけ寂しそうに笑う女の子の表情がすてき。

 

他にもいろいろ表現や仕草にこだわっているのが伝わってきて、よくできたPVだなぁと感心しているうちにいつのまに4分間フルで眺めてしまう。監督さん女の子の気持ちわかってるなぁ。

 

 

 

 

 

③Don’t Forget(잊어버리지마) [Crush(크러쉬)]

 

youtu.be

 

Crushの曲は、本当にどれも好きなのですが、PVで特に好きなのがコレ。ちょうど冬の曲だしね。

ロケ地はたぶん札幌かな?少なくとも日本の北の方。ちょくちょく街中歩くシーンで日本語の看板が映ってる。

タイトルにもあるように、好きな人に自分のことを忘れないでと歌う曲。

時が経って、いつか二人が他人同士になっても忘れないで。

もし違う人の手を握っていても、永遠に手の届かないところにいても忘れないで。

歌詞が切ない。PVではずっとCrushが一人で雪の降る街をさまよってます。

 

少女時代のテヨンさんが途中で歌うところがあるのだけれど、そのときの映像が良い。

大体2分40秒頃から。

 

雪が降った次の日の、晴れた冬の朝、人気のない遊園地を上空から撮影している開放感あるシーン。

雪に覆われただだっぴろい道をCrushが一人で歩いていく。

曲がふっと途切れて、映し出される白い雪と、青空と、鮮やかな色の観覧車のコントラスト。冬のスッと澄んだ感じがよくでてます。冬が好きな人はきっと気に入る。

 

 

 

 

 

 

④ 사슬 (Chained up)  [빅스(VIXX)]

 

youtu.be

 

さきほどの甘く爽やかな3作と打って変わってこちらはコンセプトドルVIXXが奴隷になった曲、Chained up。

日本語版もリリースされていて、歌詞・PV・衣装共に全てどストライク。メンバーもきちんとコンセプトに合わせて演技してる。美。

わたしはもともとえねねん(リーダー。通称N)ペンなのですが、えねねんについてはまた今度語るとして、このときのえねねんの髪型がすごい。

 

f:id:vixen999:20161225105423j:plain

 

緑色のメッシュを入れた灰色に近い黒髪。奴隷というコンセプトにこの髪色を選んだ衣装メイクさん素晴らしい。というか首が長く頭が小さく、赤銅色の肌を持つえねねんにぴっちりしたシルエットのジャケットにチョーカーに銀のバングルが似合いすぎている。天才か。美白大国韓国がここまでえねねんの南方系アジアンビューティーっぷりを理解しているとは思わなかったよ。

他のメンバーももう最高にかっこいい(特にケンちゃん)のだけどそれもまた今度。とりあえずVIXXの中で一番好きなPVはと問われたら確実にChained up。

 

日本語版の歌詞で好きなのは、ラッパーのラビが歌うラップからサビに向かうところ。

閉じ込められて逃げられない、そう愛には上下はないって思ってたんだ、馬鹿だろう、とこの歌詞を見たときにうわぁなんて妖艶な、含みのある歌詞だろう…と思いました。Chained up、歌詞のなかに書いてて恥ずかしいフレーズが多々ある。爽やかさの欠片もないのだがVIXXが上品さを押し出してるグループなので似合ってしまう。すごい。

 

 

 

 

とりあえずPV・音・歌詞ともに全力で推しているのはこの4曲。PVだけとか、曲だけとかでいうともっと好きなのいっぱいあるんだけど、もう自分の好きな曲を好きに語れて満足!なのでこの辺で!