Today's record

好きなものものを紹介していく

最後の瞬間

 

ものの最後の瞬間が好きだ。

 

 

どういうことかというと、例えばジャズピアノの曲。別段ジャズに造詣が深いわけではないので詳しいことはわからないけれど、ジャズピアノの曲って最後に美しいエンディングが入ることが多い。

一番好きなのはビル・エヴァンス・トリオのSeascape。

 

www.youtube.com

 

 

曲が終わる最後の瞬間の、優しいきらめきのような音が好き。

というか、ジャズピアノの曲はこの最後の一瞬のためだけに聴いている気がする。

 

 

小説もそう。最後の一節が好きな小説はどうしても何回も読み直してしまう。最後の一節で読後感がかなり左右される。なにか予感めいたものであるとか、何気ない風景の描写で終わるとか。

最近読んだ中で好きなのは角田光代さんの短編集「さがしもの」のうちのある短編。その短編とは、主人公が異国の南の島でマラリアにかかり病床で途方に暮れる中バンガローで見つけた日本語の文庫本を読み、いったいこれは誰が持ち込んだ本であろうか、と想像を広げる話。ラストはこう締められている。

 

『私はときおり、仕事の合間や、酒を飲んだ帰り道などで、バンガローから見た景色を思い出すことがある。海が色を変え、ドアから犬がひょいと顔を出す。文庫本一冊でつながり得た見知らぬ男は、ときおり窓から、顔を出し私に手を振り、次の瞬間には消えているのだった。男が消えたあとにはただ、緑に光る午後の海だけが、窓の外に広がっている。』

 

 

うーん、南の島へ行きたくなってしまった。

 

 

 

結局何が言いたいかって、最後の瞬間は余韻が残されてこそ美しく終われると思う。けれど、人との別れって大体そうじゃない。

 

半端な仲の友達へのラインの返事が遅れてからなんとなく気まずくなって連絡をしなくなってしまうとか、元彼と久しぶりに会って、そこそこ楽しかったけれどもう昔みたいに魅力的な人には思えなくなっていてどことなく悲しい気持ちになってしまってそれ以降疎遠になるだとか、そんなのばかり。突然相手からの連絡が途絶えてしまい戸惑うものの事情を聞くことも憚られ、そのまま月日が流れてしまったり。

綺麗に別れられた人なんて今まで一体何人いただろう。

人との別れだけはいつも唐突だ。

 

 

 

 

書いていて悲しくなってきてしまった。

 

人との別れは唐突で余韻もなくて美しくない、だから私達は音楽や物語にせめてもの最後の瞬間のきらめきを求めるのかもしれない。